スポンサードリンク

新広島市民球場の座席スタイル

新広島市民球場は、コレまで使用されてきた広島市民球場と違い野球
観戦をする観客にとっても嬉しい作りになっています。

 

特に、新広島市民球場の座席というのは、平均的な野球場の座席よりも
一回り大きいサイズの座席を使用しています。
新広島市民球場の座席は、横幅50センチ、奥行き85センチというサイズ
なので、ゆったりと座ることができますし、足元も広々としたスペースになって
いるので、観戦中にトイレや売店・レストランなどへ行くのに席を立つ際も、
大きな通路まで楽に歩いていくことができ、“ちょっとすいません”と侘びを
入れながらの前を横切る光景も少なくなるかもしれません。

 

しかも、新広島市民球場の新しい座席は、これまでの広島市民球場では、
長椅子タイプで、横にけっこう長くスペースを取っていたので、座席の真ん中
あたりに座ってしまうとトイレなどに立つ際、相当な数のお客様の前を横切る
ことになっていましたが、新広島市民球場では、横一列の座席数も約10席
で区切られているので、そういったお互いに嫌な思いをすることもなくなりそう
です。

 

 

新広島市民球場の座席の色は、広島カープの球団カラーの赤がメインと
なっています。
新広島市民球場の座席の雰囲気はコチラの画像をご覧下さい!

 

 

かなり広々とした感じですよね。
しかも、観客席のスタンドの傾斜もなだらかなので、小さな子供でも駆け上がる
ことができそうですし、足の不自由な方にも配慮されているような作りと言え
そうです。

 

 

また、最新の野球場ということもあり、バリアフリーにも積極的に取り組んである
のが、新広島市民球場の素晴らしいところでもあります。

 

 

新広島市民球場の座席には、300席分の車椅子スペースも確保されている
ので、車椅子をご利用の方でも、ゆっくりと観戦することができます。

 

 

 

他にも、新広島市民球場の座席、観客席には面白い取り組みがあって、
2階席の最前列には、家族などの少人数が食事を楽しみながら観戦する
スペースのテラスシートという座席もあり、そこにはテーブルも配置してあり
ます。

 

家族やグループでわきあいあいとカープの試合などを楽しみたい方などには
嬉しい座席デザインですよね。

 

 

新広島市民球場の総座席数は、30350席。
内野・外野の1階席が、20700席。
内野・外野の2階席が、9650席となっています。

 

 

 

 

新広島市民球場 砂かぶり席について

 

 


スポンサードリンク